気になる医師向けSNS3〜Mステーション〜

医療従事者、介護業界向けのサービス

全国百数カ所以上で既に利用されている医療従事者、介護業界向けのクローズドSNSサービスの一つ「MCS-メディカルケアステーション-」のことは皆さんご存知でしょうか。
医師向けSNSサービスの一つとして数えられる機会の多いこのサービスですが、医師のみを限定としていない分、サービスには多少の幅があり、情報が多用であるというのがこのサービスにおける一つのメリット、差異と言えるのではないでしょうか。

画像出典元:https://www.medical-care.net/html/about/

シンプルな機能で使いやすい

2013年7月よりサービスインしたばかりのものではありますが、群馬県医師会、栃木県医師会などの大規模な組織もMCSの導入を行っており、地域医療介護ネットワークとして活用されています。
全国の医師会においてもサービスの導入が検討されており、全国的に大きな普及を見せるのも間もなく、といった所ではないでしょうか。
このサービスにおける機能はとてもシンプルで、情報を見る、あるいはつぶやくという方法のみを採択しています。
ツイッターのようにタイムライン上には参加しているメンバーのコメント、資料等が並ぶようになっています。
患者の経過、看護師や薬剤師のやりとりなども一目でわかるようになっているのですが、カルテ、X線写真、その他画像なども瞬時に共有することができるのがメリットと言えるでしょう。
医療機関のみならず、看護、介護支援、訪問しかなど各医療現場に対応する公式アプリの存在も使い勝手の良さに更なる拍車をかけており、とても使いやすいサイトだと言えるのではないでしょうか。